ポピュリズムとシステム1

f:id:matsunari812:20180817142610j:image

スッキリした。ある国の大統領が就任して以来気になっていたポピュリズム。世界的に言葉が一人歩きしている感があるがこの本のおかげで理解できた。薬師院仁志という社会学者が著した「ポピュリズム」だ、新潮新書から出ている。民主主義を基本におき各国のポピュリズム政党やポピュリストを挙げその共通点からポピュリズムの定義化を試みている。民主主義の入門書といてもいい。忘れないためにいくつかのポイントを覚書しておきたい。

ポピュリズムの意味は様々だ。人民主義、大衆煽動主義、民衆主義。でも、何とか主義で理解しょうとするととてもややっこしい。ポピュリズムポピュリズムとして定義付けした方がしっくりくる。

ポピュリズムは選挙に当選することを自己目的化した一つの手法に過ぎない。時の政権から一票を勝ち取るために民衆の置かれた不満や不安を煽り、時にはデマを流し煽動する。そこに右や左、リベラルやソシアルはない。著者は言う「民衆の脳みそに働きかけるのではなく心情に働きかける。人々に不満を焚きつけると同時に自らを何か大きな構想を抱く改革者だと印象づける。他者を否定することによってしか自分を肯定することができない」。

キモは間接民主主義だ。我々人民は選挙で議員を選び政治を委ねる。なので議員は選ばれるに足る人格、知識、教養を持っていなければならない(本書は「エリート」と呼ぶ)。選挙でエリートを選ぶ側にも一定のそれは要求される。でも、人民は皆そうとは限らない。そこに間接民主主義の落とし穴がありポピュリストのつけ込む隙がうまれる。一部の大衆はポピュリストの発したエリートに対する一言、例えば「減税」に反応する。さらに著者は言う「利益誘導で減税といった政策を選挙に利用する政治姿勢である。民意を代弁する態度ではなく、民意を作り上げる行為だ。民意に沿うことで支持を伸ばすのではなく、宣伝や演出によって世論を都合よく操作し、民意の方を自分たちの主張に一致させるのである」。

いずれにしても、これから世の中を渡っていく上でポピュリズムの理解は必須だ。何処そこの大統領の一言でこれだけ世界経済が翻弄され株価が面白いように波打つ。市場主体であるはずがいつの間にやらデマゴーグ主体、そんなことも気づかず株価の増減に一喜一憂する。今日明日のルーチンも大事だけど、それがのっかっている社会というお椀はもっと大切だ。気がつかないうちに流される、どんぶらこ、どんぶらこ、と。

このポピュリズム、洗脳されやすいタイプがいる、システム1の人だ。以前のブログでも書いたが、人の思考、認知の仕方には二通りある。システム1は物事を即断的、直感的に判断しその根拠であるエビデンスの質にとらわれない、システム2は一度自分に立ち返りあらゆる観点から冷静に判断しようとする。そうハリネズミとキツネだ(ブログ「トンボのような大きな目のキツネ」)。いずれにしても、政治家やマスコミの主張は冷静に聞くことが重要だ、システム2の目で一票を。

おしまい

2018.8.16
初盆の儀式がやっと終わって
岡山

色彩の同時対照の法則

「色彩の同時対照の法則」というのがある。色の三原色なら誰でも知っている(三原色には絵の具と光で違うがややっこしいのでここでは赤青黄とする)、でもその三原色にこんなの法則があるとは、教養の無さが驚きを産む。「赤青黄の1色と残りの2色を混ぜてできた色(赤と緑、青とオレンジ、黄色と紫)は互いに引き立てあうという理論だ」とOFFって雑誌に書いてあった。色彩理論に忠実なゴッホの絵によく見られるらしい。フランスの科学者が発表したものでオレみたいな色痴にはモッテコイ、洋服のコーディネートなんかにも使えそうだ。

そんな事前知識を持って3度目の上野の国立西洋美術館に行ってきた。まず、赤と緑、これが一番多い。

f:id:matsunari812:20180727162525j:image
f:id:matsunari812:20180727162529j:image

次に青とオレンジ、

f:id:matsunari812:20180727162636j:image
f:id:matsunari812:20180727162726j:image

最後に、黄色と紫、これが一番少ない。

f:id:matsunari812:20180727162919j:image

こんな具合の鑑賞法も面白い。

ところで、音には絶対音感ってあるけど色には聞いたことがない、でも、あるような気がする。単音や和音を聞くだけでドだのAmなどと聞き分けることができるように色にも、例えばこの色とこの色を混ぜると何色になるというように頭の中に思い浮かぶ、そんな能力が絶対色感だ、と勝手に言っているだけ。

かのゲーテは出来上がった詩に新たに言葉を追加すると他の言葉が死んでしまうと言った。同じ芸術として詩を絵画にあてはめると、完成された絵画に後から色を追加すると他の色が死んでしまうことになる。芸術が感動を与えてくれるのは、オレなんかにはわからない、色彩の同時対照の法則のような決まりごとが根底にあり、絶対音感や絶対色感で作者がバランスをとり芸術化するからだろう。観る側も覚悟がいる、そんな心構えで絵を観たい。

おわり

2018.8.2

浦和

トンボのような大きな目のキツネ

f:id:matsunari812:20180727154629j:image

前回書いたブログ「知ってるつもり」に続く土方奈美さんの翻訳本を読んだ。「知ってる」より前に出版されたもの。題名は「超予測力」、驚いたことに「知ってる」同様、認知科学の本でさらに内容もそっくりだ。

人や企業は未来を予測し戦略を立てる。なのでその予測の正確さ如何によって人生や業績に大きく影響を及ぼす。ここまでは誰でも考えることだが、この本の優れているところは予測した後の検証だ。予測はするがその結果の検証しない日本人のなんと多いことか!、予測が外れたことを受け入れない、過去のことだ、なんて勝手な理由をつけてその失敗を活かそうとしない。典型的なのは会社で社長が変わると方針が変わる、さらに社長が変わると元に戻る、つまり何も検証しないで同じことを繰り返す。社員も負けずに不毛に精力を注ぐ。

この本は人間はどこまで予測可能かを数ある実験のエビデンスから解き明かそうとする本だ。「知ってる」と似ているといったのは人間の思考回路を二つに区分している点だ。「知ってる」はそれを直感型と熟慮型に分けてるが、「超」はシステム1、システム2に擬える。システム1は物事を即断的、直感的に判断し、またその根拠である証拠の質にとらわれない、システム2は一度自分に立ち返りあらゆる観点から冷静に判断しようとする。システム2を多用しある一定の方法を踏襲すれば超がつくほどに正答率が高まるという予測の指南書だ、一定の方法も書かれている。

本の中でギリシャの詩人の言葉が引用されている。「キツネはたくさんのことを知っているのに対し、ハリネズミはたったひとつの重要なことを知っている」どういうことかというと、ハリネズミは特定の心情に固執する、キツネはより折衷的な専門家。ハリネズミは一つしかないメガネで物事を即断してわかったような気になるシステム1、複数の視点を統合するキツネはシステム2に例えている。もう一つユニークなのは、視点の数の例えにトンボの目を引用していることだ。トンボの目は人間と同じ二つだが表面は片目だけで三万個のレンズで覆われている。何万という情報が常に脳に送られてそれを統合し高速で飛んでいる虫を捕える。なので、ハリネズミのようにいつも一つしかないメガネを通して見る世界観とトンボの目を持ったキツネの世界観では人生観まで変わってくる。これは常に頭に入れておきたい教訓だ、中々実践できないが。

いずれにしても座右にしたい本の一冊だ。前回、文章が長いとご意見をいただいたので今回はこれでおしまい、まだ長いか。
おわり。

2018.7.27
渋谷

 

「知ってるつもり 無知の科学」を読んだ。

f:id:matsunari812:20180709143202j:image

「各界著名人絶賛!」なんてブックバンドを見たら買わずにいられない。何度悔やんだか、「過って改めざる、是れを過ちという」の孔子の言もなんのその、また買った。というわけで「知ってるつもり、無知の科学 (スローマンとファーンバックという2人の共著)」という本を読んだ、大当たり。

「人間は無知なのに自覚が無い」から始まる、ドキッとした。毎日、トイレやズボンのファスナーを当たり前のように使っているが、その仕組みを聞かれるととんと答えられない。驚くべきは自分では理解しているつもりでいること、理解度の過大評価だ。これを著者は「知識の錯覚」と呼ぶ。でも答えられないことで生活に支障はないし、知ろうともしない、これには理由がある。

訳者のあとがきをかりれば、「人間の知性は、新たな状況下での意思決定に最も役立つ情報だけを抽出するように進化してきた。頭の中にはごくわずかな情報だけを保持して、必要に応じて他の場所、たとえば自らの身体、環境、とりわけ他の人々の中に蓄えられた知識に頼る。人間にとってコンピュータの外部記憶装置に相当するものを、著者らは知識のコミュニティと呼ぶ。知識のコミュニティによる認知的分業は文明が誕生した当初から存在し、人類の進歩を支えた」というものだ。

人間は無知でその無知を自分で自覚していない、でも文明は進化した。何故か、確かに自分は無知でわずかな知識しかないが、足りない分を周りの環境から取り入れる。主たる環境は他の人の知識だ。世界のありとあらゆる知識を個人の頭の中に蓄積することは不可能だ、身近な自動車の専門家でさえ1人で全てを理解しているものなどいない。人間の知識の量など70年間で1GBだそうだ。そんな人間が文明を作り上げてこられたのは集団の力による、つまりコミュニティだ。コミュニティの中でそれぞれが自分の役割を忠実にこなし、総和以上の力を出す。これを裏付ける研究成果が書かれている。ある研修の話だ。

一つの研究課題を複数のグループに与える、その時各グループには違った専門的観点から研究させる。研究に際してそれぞれの専門家や文献資料などの力を借りながら知識を向上させる。次にその各グループから一人ずつを集め新たなグループを結成し、先の課題に関連する新たな課題を与える。するとそれぞれのグループが異なる専門知識を持ったメンバーの集団になり高度な課題解決につながる。ここでいうグループは正に知識のコミュニティだ。知性は個人の頭にあるのではなくコミュニティにあるとも著者は言っている。何回も研修を受けてきたがこんな研修受けたことないぞ。

今流行りのAI人工知能が人間を超える、いわゆるシンギュラリティが話題になっている、この本はそれに重要な示唆を与えてくれる。著者は言っている「人間とコンピュータの違いをより端的に示すのは、人間は思考するとき、メモリから読み書きする中央処理装置を使わないという点だ。人間は自らの身体、自らを取り巻く世界、そして他者を使って思考する。頭蓋骨によって脳の境界は定められているかもしれないが、知性に境界はない。知性は脳にとどまらず、身体、環境、そして他の人々をも含む。このため知性の研究は、脳の研究だけにとどまるものではない」と。知性は脳の中で情報処理をするだけでなく、身体、外部環境と強調しながら記憶し、推論し、意思決定をする。なので、脳の中だけを調べてもダメ。知性は脳の中にあるのではなく、むしろ脳が知性の一部なのだという。知性は情報を処理するために脳も使えば他のものも使う。ひとつのコミュニティが自分の知識と他の人の知識を結集しながら目的を達成しようとすること(著者は志向性と呼んでいる)はAIにはまだまだ理解できないことだと思う。

さらに著者は言う、人は思考するとき直感型か熟慮型に分かれると。直感とは自分の無知を自覚していないで短絡的に物事を判断する人のことだろう、感情的と言い換えてもいいかもれない。熟慮型は自分の無知を自覚し周りに質問して知識を借り冷静に判断する。知識のコミュニティ内でいえば、直感型に修正をかけるのは熟慮型の人だということだ。ここで知識のコミュニティが生きてくる。

大切なのは、まず無知は避けて通れないので自分の無知を自覚すること。その自覚が無いと厄介だ。浅薄な知識と知性をもって知識の錯覚のもと暴走する奴がいる。そんなことにならないために知識のコミュニティの大切さを考え直さなければならない、今だからこそ。注意すべき点は三つ。一つは自分の専門性を向上させること、二つ目は全体が網羅できるような一般教養を身につけること、三つ目が他の人たちの専門知識を尊重することだ。三つ目は二項対立的な争いをなくすための人類の永遠の課題だろう。

とてもいい本だ。仮説とエビデンスの繰り返しでとても説得力がある。文章もオレ流絶対条件の歯切れの良さも抜群。訳者は土方奈美さんという翻訳家だが非常に上手いと思う。本末転倒かもしれないが土方奈美さんの翻訳本をもう一冊読んでみよう、こんな本の読み方があってもいい。

この本に書かれていることは、当たり前のようであってなかなか気がつかない。でも日常生活に当てはめてこの本に向き合うと言い得て妙。妻の質問に知ったかぶりで答える、さらに質問が来る、悪あがきする、窮する、化けの皮が剥がれる。直感型と熟慮型の違いだ。

ボーっと生きてんじゃねえよ!」チコちゃんに叱られる
おわり

2018.6.6
何十年に一度の豪雨の中で。
岡山・美咲町

 

幼馴染ゴルフ

f:id:matsunari812:20180623175015j:image

一年半ぶりにゴルフをやった。インドアー2回の練習で臨んだが結果は?、聞かないでほしい。ゴルフって自分の馬鹿さ加減と戦うスポーツだ。普通、何をするのでも事前に頭でシュミレーションして有事に備える。でも、ゴルフはそのシュミレーションから一度外れると元に戻らない、頭に一挙に血がのぼる、穴があったら入りたい、あるじゃん、ボールより先に自分が入ってどうする。つまり馬鹿、どうしょうもないバカだ、多分オレだけ。でも、バカらしくそんな行為を永遠と繰り返す。たかだか遊びが人生脱落者の如く思えてそしてドツボにはまる。でも、ごくたまにいい時はオレって天才、天下とった気分、その時点でドツボに片足を突っ込んでいる。人生そのものだ。因みにドツボとは野壺のことで昔よくあった肥溜めだ。そういえば肥溜めにはまって溺れそうな奴がいたなあ。

そんなわけで岡山県津山駅から車で約30分、奥津ゴルフ倶楽部でプレイした。メンバーは子供の頃、川で泳いだり、肝試しをやったり、夜銛(夜、川で寝ている魚を銛で突いてとる)やったりした幼馴染の親愛なる又従兄弟、二人。とても楽しかった。開始3ホールを終えた時点で、全員今日は練習、そう自分達に言い聞かせた。そう、すでにその時ドツボにはまっていた。天気は最高、コースも最高、メンバーも最高、成績最低、誰しも経験あるだろう。一番の最高は昼食と途中の販売機で買って飲むビール、今日の目的はビールと昔話、目的達成。

奥津は湖あり温泉ありの日本観光地百選にも選ばれている風光明媚な秘境だ。特に温泉は岡山美作三湯のひとつ。この奥津温泉から車で5分のところがゴルフ場、なのでお風呂は温泉と期待したが残念。恐らくここでプレイして夜、奥津温泉のお湯で疲れを取りそして酒盛り、というコースが売りだろう。

幼馴染はとかく「竹馬やいろはにほへとちりぢりに」で一度離れると再びまみえることは中々ない、それがまみえた。きっかけはそれぞれの親が残した家の整理だ。親は亡くなったり、施設に入っていたりして家の主はどこも不在、必然的に子供たちが一時的に住んだり、度々来て残された犬猫に餌をやったり、草刈りをしたりと結構皆んな大変な目に遭っている。最後は処分することになるがそれが中々簡単ではない。相続の権利関係が複雑だったり、親にこの家は絶やすなと言われた気持ちの整理だったりと中々はかどらない。そんな中での再会。俺たちの世代は長く続いた「家」というものに物理的、精神的に一区切りをつけることが課されている、これが結論だ。やり方は色々だし、ケースもそれぞれ違う、ただ言えることはオレたちの次の世代には残せないということ。時間もお金もかかるだろうがやるしかない、それもチラチラ見え隠れする親の顔を振り切って。

そんなこんなの幼馴染ゴルフだった。でも、子供の時の話で盛り上がるのはとても楽しい。話が尽きず、帰りに津山のビアガーデンまで行ってしまった。最終の津山線で帰ったがなんと21時半、さすがにのどか、早い。
おわり

2018.6.22
岡山県、奥津、津山

地方を元気に!

ビール党に朗報、っていっても岡山県津山のビヤガーデン。

f:id:matsunari812:20180621202119j:image

都会のビアガーデンはビルの屋上でガーデンとは名ばかり、一部明治記念館などを除いて。でも、ここは津山国際ホテルの鶴泉苑という日本庭園、明治記念館より遥かに小振りだが最高。津山城址の入り口にある。

f:id:matsunari812:20180621202101j:image

バイキング、飲み放題、食べ放題、時間気にせずで料金3900円のみ。ビールは機械が注いでくれるやつと自分で入れるのがある。自分でやると泡だらけで悪戦苦闘している人もいるがスタッフがすぐに助けてくれる。ビアガーデンでバイトしたオレにとってはお手のものだ。そんなわけで結構賑わっている、若者も多い。

f:id:matsunari812:20180621202210j:image

津山市は人口10万人の城下町、鳥取との県境に近い盆地で藩主は森忠政、あの森蘭丸の弟だ。きつい階段を登った城址後から津山が360度一望でき、桜、紅葉の名所でもある。残念ながら街の中心部はシャター街化し寂しいイメージだが、でもここのビアガーデンはそんなイメージを払拭、地方再生をイメージさせてくれる。

最近、ネット上で地方再興が盛んに話題になっている。トークンエコノミーというネット上の手法を使った地方の再興だ。トークンとは法定通貨の円に対する代替貨幣のことでいわゆる仮想通貨のこと。その仮想通貨でつくられる経済圏がトークンエコノミーだ。仮想通貨は投機が前面に出ているがこれが本来の使用価値、特に注目なのはICOのいう仮想通貨による資金調達。例えば新事業の立ち上げにトークンである仮想通貨で出資を募り、出資者はその経済圏の中で有利にトークンを使って事業に参加したり利益を享受できる。仮にマクドナルド2というハンバーガー事業を立ち上げるトークンがあるとすると、そのトークンを仮想通貨で買いマクドナルド2経済圏に投資する。出資者はその事業に参画する権利や数々の優遇権が与えられるというわけだ。

なので色々な経済圏ができるし、それを選択するかどうかも自由。必然的に人気のあるプロジェクトには仮想通貨が集まり、そんな経済の塊ができればできるただけその地域も潤う。それに中央政府の干渉を受けない。地方再興のためにあるような仕組みだ。

それがなんと岡山にもそんなトークンエコノミーを使って地域活性化しようとしている村がある。人口1500人の西栗倉村、日本初の地方自治体によるICOを実施すると発表した。林業や移住起業支援のため国の交付金に頼らない地域活性化だ。現在は規制が多く立ちはだかっているようだが、岡山も捨てたものではない。西栗倉村、応援するぞ、トークン絶対買うぞ!

仮想通貨、ブロックチェーンICOって言葉、まだまだ馴染みが薄い。なんでそんなのいるの、よくわかんない、誰かがやってる、関係ない。でも、放っておくと知らないところで頭のいい人、知の集団、さらにはどこそこの国に操られている自分さえ気がつかないことになりかねない、というか、いつか来た道だ。少しは耳をダンボにしよう、懐かしい!

ジョッキの冷えた生ビールは美味い、中ジョッキ8杯は飲んだかな、極楽、極楽。
しまった、セカンドバック忘れた!
おわり

2018.6.19
岡山県津山市

 

森田童子が亡くなった。

f:id:matsunari812:20180614084950j:image

森田童子が死んじゃった。オレの学生時代をセピア色に染めてくれる心の友だ。

オレが社会人になった2年後に活動を休止したことも懐かしい気持ちに拍車をかける。

その後、テレビの主題歌でつかわれたことがあるが、オレの感情とは程遠い。

心に残るとは、社会、時代、場所、年齢そして人、環境に大きく影響される。二度と訪れない多感な時代に感じたことは、そのまま心の奥底にしまい、たまに引っ張り出しては昔に浸る、とっても幸せな瞬間だ。

齢とともに色んなことを忘れて行く中で、墓場まで持っていく心の要石はいくつもない。そのうちの一つが森田童子の歌だ、ありがとう。